Biography

水野隆元 ハーモニカ

Central station, Amsterdam

水野隆元 ハーモニカ

a street, Berlin


水野隆元 ハーモニカ

a place, Luxembourg

水野隆元 ハーモニカ

Muenster, Freiburg


水野隆元 ハーモニカ

a station, Praha

水野隆元 ハーモニカ

selfportrait, Halloween


Takamoto MIZUNO
Diatonic-Tremolo-Harmonica player

Takamoto Mizuno emerged as a harmonica talent when he won 1st prize in the tremolo category of the Japan Harmonica Contest at the age of 14.

He became renowned internationally when he won another two championships in the tremolo category of the 1st Asia Pacific Harmonica Festival (Taiwan) in 1996 and at the World Harmonica Festival (Germany) 1997.

He performed at the Gala Concert of the 5th Asia Pacific Harmonica Festival (Hong Kong) in 2004.

Mizuno's harmonica music has evolved to a revolutionary sound incorporating elements of folk and classical music.

He currently requests new works from domestic and foreign composers of the day for tremolo harmonica and performs them live.

He has sat on the jury at all major harmonica contests in Japan and holds a scholarship from the ”Deutscher Akademischer Austausch Dienst” (DAAD).



ハーモニカを岩崎重昭氏に師事
音楽全般を甲賀一宏氏に師事

1991年 F.I.H. JAPAN ハーモニカコンテスト1991、複音ソロ部門、第一位
1996年 第1回アジア・太平洋ハーモニカチャンピオンシップス1996 台北(台湾)、複音ソロ部門、第一位
1997年 F.I.H. 世界ハーモニカフェスティバル1997 トロッシンゲン(ドイツ)、複音ソロ部門、第一位

1999年よりDAAD(ドイツ学術交流会)の給費奨学生としてドイツで音楽学を専攻
慶應義塾大学大学院にてコンピュータ・ミュージックを学び、新しい音楽の形を模索
メディア・デザイン修士(慶應義塾大学政策・メディア研究科)

現在、作曲家と共に、複音ハーモニカのオリジナル曲を残すことを目的に活動中
日本ハーモニカ芸術協会師範、複音ハーモニカコンクール審査員、グレード審査委員
F.I.H. JAPAN ハーモニカ・コンテスト審査員
西日本ハーモニカ・コンテスト審査員
F.I.H. 世界ハーモニカ・コンテスト審査員

ハーモニカトリオ"The Triple Rocks"メンバー
ピアソラ音楽集団"Piazzolla Project"メンバー